ボクはさらに暗黒の日々のオープニングに歯向かう

1月15お日様。
世間の大部分は年始休日を終えて在り来りな日常を奪い返しつつあった。
これまでのくらしの中で私は通じる場合の厳しさを凡そ味わってきたと自負している。
旦那を始め、様々な面々に支えられ、屈強なエネルギーで病魔を乗り越えた。
それほど自分ひとりの力でここまで行き着くことはできなかったという。
歴史行為や雇用行為は面接方といった抜擢担当の色恋の引き延ばしのようなものだという広告があるが、敵対心が呼び覚まされた近頃の私にとってのそれは、想い的にはもうすぐ指輪上でボクサー友達が殴り合いを演出する間際、取り組み前のような断固たる気力があった。
来る途中で大勢ってすれ違った。職位も商売も、カテゴリーも違えど、私には相変わらずそれらの人達が何となく病んでいるようにも思えた。
但し今は、全ての人材がそんなに見えるかとおっしゃるって、完全にそうは言い切れない箇所もある。
ビジョンを湛えたような顔つきで堂々と歩いている方。
社街路のジョーカーにあろうと、郷里という童心を忘れることなく雪合戦に夢中になっている子供たちの衣装もある。
この世界には、未だに僅かな希望が残されているのかもしれない。ミュゼ vio 値段