パナマ封書でどこまで実効的課税逃れができそうかな?

菌パナマ記録が公開されて話題になっていますが、結構あちこちのナショナリズムで大きな不都合に発展するなど揉め事が拡大しているようです。
日本でも何人かのタイトルが挙がっているようで、何かと行為に追われているようです。多くのおリッチがこういうシステムを利用していることを否認されています。
最も、こういったものをしていると多くの秘との不法気分を貰うものですよね。

先進7カ国(G7)の中程銀行総裁会合でも広く話題にされていたようですが、
タックスヘイブンについて、国際的な包囲網を本当に作り上げて指揮にこぎつけるといったポイントまでには垣根は激しく、威力が疑問視されているようです。
対策をするにも随分時間がかかるようですが。

よく日本では報道されていないような気がしますけど、もうちょっとこういう不都合が発展していって受け取ると楽しいなという感じです。
ただ、内政干渉とかにもなりかねないようなスポットもあるから、どこまで通えるかなあという設問も尽きません。ミュゼ 100円