「芸能人の淑女、オタクに刺される」というお知らせで、芸能人じゃなくても不安です、と思った部分。

地中俳優の女性がファンに大被害させられた、というショッキングな文章がありましたね。
厳密には「俳優」ではなく、シンガーソングライターの奥様らしいですが、それで身近な友達のことを思い出しました。

そのお子さんは俳優でも役者でもないのですが製造元行動をしていて、展覧会や製造元系の出来事などでファンのヒトと自ら顔を合わせる瞬間がわりとあるそうで
そんな所にも、些か参るファンのヒトが来るそうです。
奥様製造元の方たちの取り分け、品物をきっかけに使って「無料のキャバクラ」のようにわたることが恐怖という生じる居残るのような状態が生じるらしいのですが
今回の案件を知って、窮するとか面倒臭い以上におそろしい凄まじいことだ・・・と憧れ、そのお子さんにも今以上に気をつけてほしい・・・と心配です。
その友達の話によると、「品物のファンの、一般のお子さんを拾う商品」というのもいるそうで、なんていう会社です・・・。

俳優出来事でも、そのフィールドやFacebookでファン友達繋がって仲良くなるということも今はよくありそうなので、やはり純粋に「俳優(や、品物)のどこがキュートか」という談話をしたり、普通に気が合って近辺になったり始めるゆかりもあるそうですが、表に出る行動をしていなかったとしても、人柄と当たるってことは何があるかわからないので
問題しだしたらキリがないのですが・・・一際自分こわい目線に遭わず、面白くホビーを続けられるように居てほしい・・・と思います。
奥様用で書いてしまいましたが、メンズでMusic行動をやるヒトなどもキャパシティがちっちゃいほどファンとの寸法が近かったりするので、男女問わず気をつけてほしいだ。身近が何か心労を感じていたら、近隣も気にしてあげないといけないな、と感じました。銀座からー

カップめんは自己流で評論書きは見送りですね

ぼくはカップめんを取るときに、まず野菜など乾燥した加薬は勿論、お湯を押し込める前に入れますが、粉もの、つまりスープの元凶ですね、これも先に入れてしまう。中心これは後入れと書かれているのですが、一際説明書きと見ていなく、今日気がついたのですが、それでも先に加薬と一緒に入れてしまう。説明書きで知って一度は後入れしてみたのですが、別に出来栄えは先入れと変わらなかったので面倒なので先に入れてます。それと厳しいカップめんではスープの元凶が二つあることがあり、片側入れ忘れてしまったことがあって、どうにもないフレーバーのラーメンですなあという事実があって、すぐに入れたほうが忘れないというのもあるんです。それと、たぬきそばのようなてんぷらを入れるカップめんもこういうてんぷらを復路のせにすればサクサク霊感が喜べると書かれていますが、これもそうしてません。サクサク霊感より融けて掛かるほうが好みなのでそうしてます。つまりカップめんは自分勝手です。カップめんを摂るのに説明なんて要らないですよね。よもやお湯でなく水押し込めるメチャメチャはいないだろうしだ。脱毛 2人で